三味線~来年の舞台決定(北を創る)

画像
暑い日が続きますね。

寒かったり、暑かったりで”夏風邪”をひいている方もいるようなので、気をつけてくださいね!

さて、今年は4月に大きな舞台があったので出演しませんでしたが、ここ数年毎年出演させていただいております、旭川文芸協議会主催の『北を創る』の舞台公演の日程が決定いたしました。

平成27年2月22日(日)となりました。

私の所属する「柏春会」では”出し物”も決まり、昨日は第一回目の合同稽古がj始まりました。

「えっ?・・・今から来年の稽古?・・・」と思われるかもしれませんね。

今自分が習っている曲もあるので、その曲にプラスして来年に向けての曲も同時進行していく訳なのです。

今までは”名取り”と言って、「柏流」の名前を持っている人だけの出演がほとんどでしたが、来年の舞台は名前をまだ取っていない方たちも一緒に”出演”することとなりました。

判りやすく説明すると”プロとアマチュア一緒”と言う感じでしょうか。

中には、まだ習い始めて1年に満たない生徒さんもいるので、今から少しずつ来年の舞台を目標に練習を重ねて行きます。



画像
今年の舞台では”三味線”の方で出演しましたが、来年の舞台では”唄”の方で出演することになりました。

しかも”たて唄”と言い、唄うメンバーの中の”リーダー”的なお役目をやらせて頂くことになりました。

普通は年功序列なので、年数が浅い自分にとっては思いがけずのお話・・・。

先輩たちもいる中でのリーダーなので、頑張らなければならず、今からかなりのプレッシャーです・・・。

演目は「末廣狩」(すえひろがり)という曲です。

三味線の初歩というか、始めの頃に習う基礎になる曲なのですが、曲の作りもしっかりとしており、舞台栄えのする曲ということで、今回の演目となりました。

今回は、一般にはあまり目にすることは無いと思いますので、三味線の「楽譜」を載せてみました。

昔は楽譜も無く、”口伝え”がほとんどだった時代があったようですが、”伝統芸能の継承の為”編集され出版されています。

三味線の楽譜は何種類かありますが、私の稽古場では通称”青譜”と呼ばれる、縦書きの譜本を主に使っています。

初めて目にする方がほとんどでしょうね。

三味線の”弦”と同じに、縦に3本線が引かれており、押さえる位置の数字が書かれています。

それに歌の歌詞がついており、機能的には”基本五線譜”とあまり変わりはないようです。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック